1/1
デザインの流れ
01

聴く

新しいことを始めたい、また自分たちをどう表現するか、まだうまく言葉にできなくても大丈夫。対話を重ねることで、会社や商品サービスの良さ、そして解決すべき問題点を探っていきます。

02

現場や売場を見る

どんな人がお客になるのか、その人たちは何を欲しがっているのか、競合はいるのか、その商品・サービスの強みはなんなのかを、現場を見て対話します。

03

「誰に」売るか考える

理想のお客さんを具体的にイメージします。そのお客さんのライフスタイルや興味関心は何かをイメージします。

04

仮説を立てる

どんなコンセプトが良いのか、誰に、何を売ったらいいのか、仮説を立てます。

05

お客や見込み客とコミュニケーションを取る

実際に購入されたお客さんや、見込み客と実際に話します。マニュアル通りの質問ではなく、雑談として話すことで、お客さんの潜在的なニーズは何かを探ります。 お客さんと話ができた場合は、その様子を動画や記事にまとめてPRにも、使います。

06

ポジショニングを考える

お客さん、競合、自社の関係性の中で、立ち位置を決めます。

07

コンセプトをつくる

コンセプトは、会社、サービス、商品を一言で言い表したものです。コンセプトが尖れば尖るほど、刺さります。逆に誰にでも受け入れられようとすると、誰にも刺さりません。

08

コンセプトにあったビジュアルをつくる

人は見た目が9割と言われるように、パッとひと目で見ただけで、コンセプトが分かる写真やイラストをつくります。

09

悩みやあるあるを盛り込む

お客さんが興味を持ってくれるような共感ポイントを、写真や言葉で視覚化します。

10

さらに差別化を図る

動画やアフターフォローなど、細かくても他社にないことを盛り込みます。

11

デザイン完成

パッケージやパンフレット、ホームページの完成です。

12

イベント

お披露目を兼ねてイベントを開催します。ただし、お客さんとのコミュニケーションを通して、今後改善できる点や、潜在的なニーズを探ります。

  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram

© 2023 by Sasha Blake. Proudly created with Wix.com